日清オイリオHOME > 会社情報 > 会社案内 > 会社沿革

会社案内
経営理念
コーポレート
ステートメント
ごあいさつ
コーポレート・
ガバナンス
会社概要
役員一覧
事業所一覧
事業活動
海外事業
主要グループ会社
会社沿革
1907年〜1924年
1925年〜1959年
1960年〜1979年
1980年〜1999年
2000年〜
▲会社情報TOPへ
日清オイリオグループ株式会社
会社沿革

1907年〜1924年
1907(明治40年)   大倉喜八郎、松下久治郎により「日清豆粕製造(株)」の名称で創立。社名の由来は、日本の「日」と清国(現在の中国)の「清」をとったもの。東京に本社、大連に支店、工場をもうけ、大豆を原料とする大豆油、大豆粕の製造加工、貿易を業務とした。
 
1918(大正7年) 社名を「日清製油(株)」に改め、横浜市にあった松下商店および松下豆粕製造所(旧横浜神奈川工場)を吸収合併。各種植物油脂および油粕等を多角的に製造加工する総合植物油脂工場に発展。
 
1922(大正11年) 大豆特製油を、「美人印のフライ油、天ぷら油」という名称で発売し、大豆油食用化の先鞭をつけた。
 
1923(大正12年) 大豆油の精製食用化のため新鋭機械を導入し、油の精製工場を大連、横浜両工場に新設、新製品の開発に乗り出した。これと同時に、本格的な各種植物油の搾油もできるようになった。
 
1924(大正13年) 精製度の高い大豆油を使い、我が国ではじめてのサラダ油、「日清サラダ油」を発売。最初に発売された「日清サラダ油」は600g入りビン詰めで85銭、姉妹品の「日清フライ油」はサラダ油と同容量のビン詰めで70銭。(当時、米1升が約45銭)
「ナイフとフォーク」のマークはこの時作られた。

1925年〜1959年