日清オイリオHOME > 会社・IR情報 > ニュースリリース
 
ニュースリリース
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
▲ニュースリリース一覧へ
  日清オイリオグループ株式会社
2015年


日清オイリオグループ 第8回在宅介護事情調査
半数以上が専門家による飲み込み機能の確認を受けていない
〜約7割に水分摂取中に“むせ”が〜
 
 
2015/11/18

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村髦Y)は、トロミ調整食品などの高齢者・介護対応食品を製造・販売しております。このたび、2011年より定期的に行っている在宅介護事情調査の第8弾として、在宅介護されているご家族100名を対象に『要介護者の水分摂取に関する実態調査』を実施いたしました。今回の調査により、日常の水分摂取中に“むせ”が起きている要介護者は約7割という現状が分かった一方で、専門家に嚥下(えんげ)(飲み込み)機能を確認してもらった経験のない要介護者は54%と半数以上であることが明らかになりました。在宅介護において、要介護者の嚥下機能を把握し、それに合った水分摂取の工夫をすることが今後の課題となりそうです。

● 飲み物を飲むときに“むせ”が起きているのは約7割
 要介護者が飲み物(水やお茶、汁物すべて)を飲んでいる時にむせることがあると答えた方は、「いつもむせてしまう」(4%)、「時々むせる」(65%)を合わせると69%という結果となりました。約7割の方が日常的な水分摂取中に“むせ”を起こしていることが分かりました。【図1】

● 要介護者に水分を飲んでもらう時にしている工夫点は「温度」「量」「回数」
 介護に携わるご家族が要介護者に飲み物を飲んでもらう時に「とくに工夫していない」と答えた方は13%であり、全体の87%は何かしらの工夫をしているという結果となりました。要介護者の水分摂取の大切さへの理解が浸透していることが分かりました。
 工夫していることの1位は「温度に気をつけている」(55%)、次いで「量を気にしている」(44%)、「こまめにあげている」(38%)と続き、「温度」「量」「回数」を重視していることが明らかになりました。一方で、誤って飲み物などが気管に入る誤嚥(ごえん)防止につながる工夫として「飲み物にトロミをつけている」と答えた方は30%、「飲む姿勢に気をつけている」は29%、「飲み物をゼリー状にしている」については11%にとどまりました。【図2】

● 要介護者はいろいろな飲み物で水分摂取
 要介護者が普段飲んでいる飲み物は「みそ汁やスープなどの汁物」(90%)が多いことが分かりました。汁物を除いた飲み物では、1位は「お茶」(87%)、2位は「水」(77%)という結果でした。また、全体の半数を超えて飲まれていたものとして、「牛乳」(61%)、「コーヒー」(58%)、「フルーツジュース」(53%)、「白湯」(51%)が挙げられるなど、要介護者が飲み物の種類を変えながら水分摂取を心がけている様子が伺えました。【図3】

● 半数以上の方が 専門家に嚥下(えんげ)(飲み込み)機能を確認してもらったことがない
 要介護者の約7割が水分摂取中に“むせ”を起こしているにもかかわらず、専門家(医療関係従事者)に嚥下機能を確認してもらったことがないと答えた方が、54%と全体の半数を超えていました。反対に「定期的にしてもらっている」(13%)、「してもらったことがある」(25%)を合わせた確認経験のある方は38%にとどまりました。【図4】

≪専門家のコメント≫
藤谷順子(ふじたにじゅんこ)先生

独立行政法人 国立国際医療研究センター病院
リハビリテーション科医長 リハビリテーション科診療科長
【経歴】
1987年筑波大学医学専門学群卒業。
東京医科歯科大学医学部付属病院神経内科、
東京大学医学部付属病院リハビリテーション部、国立療養所東京病院、
東京都リハビリテーション病院などを経て2002年7月より現職。
摂食・嚥下リハビリテーションにおけるエキスパートとして活躍中。書籍多数。

 介護に携わるご家族が、要介護者の脱水を心配されてか、水分摂取量や摂取回数などを工夫していることが伺えました。また飲んでいる飲み物もバリエーション豊かでとても感心いたしました。要介護者に楽しく水分を摂ってもらおうという気持ちがあることがよく分かりました。
 しかし、水分を飲む時にむせている方が7割もいるようですね。お水などの飲み物はさらさらしているので、食事より飲み込みやすいものだと思いこんでいる方も多いのではないでしょうか。飲み込みやすくするためには、トロミ剤やゼリー剤を上手に使って水分を摂ることも一手です。
 また、日常的にむせている方が多いわりには、嚥下(えんげ)機能に関連する専門家とのコンタクトが普段とれている方が少ないことが気になりました。“むせ”は嚥下障害の症状ですので、嚥下機能について、ぜひ専門家にご相談していただければと思います。

〜飲み込み機能を専門家にみてもらうためには?〜
 飲み込み機能をみてもらいたい方は、まずは、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、神経内科、消化器科、歯科、歯科口腔外科、などを受診することをおすすめします。
 また、地域包括支援センター、ケアマネジャーに相談し、居宅サービス計画に訪問リハビリテーションや訪問歯科診療を組み入れてもらいましょう。

<調査結果>

【図1】日常の水分摂取時の“むせ”経験

 「要介護者は飲み物(水やお茶、汁物すべて)を飲んでいる時にむせることはありますか?」(n=100、SA)という質問では、「いつもむせてしまう」(4%)、「時々むせる」(65%)という結果となり、69%の方が日常的な水分摂取において“むせ”が起きていることが分かりました。また、「あまりむせない」と回答した方は21%、「全くむせない」と回答した方は10%でした。

【図2】要介護者に飲み物を飲んでもらう時に工夫している点

 「要介護者に飲み物(水やお茶、汁物すべて)を飲んでもらう時に工夫していることを教えてください」(n=100、MA)という質問では、「とくに工夫していない」と回答した方は13%で、全体の87%の方が何かしら心がけている工夫があるという結果となりました。多くの方が水分摂取を意識していることが推察されます。
 工夫していることの1位は「温度に気をつけている」(55%)、2位は「量を気にしている」(44%)、3位は「こまめにあげている」(38%)と続いています。
 誤嚥(ごえん)防止につながる工夫点としては、「飲み物にトロミをつけている」(30%)、「飲む姿勢に気をつけている」(29%)、「飲み物をゼリー状にしている」(11%)という結果でした。

【図3】要介護者が飲んでいる飲み物

 「要介護者が普段、水分としてとっているものは何ですか。」(n=100、数値FA)という質問では、「みそ汁やスープなどの汁物」と答えた方が最も多く90%でした。汁物を除くと、1位は「お茶」(87%)、2位は「水」(77%)、次いで「牛乳」(61%)、「コーヒー」(58%)、「フルーツジュース」(53%)、「白湯」(51%)、「スポーツ飲料」(41%)、「紅茶」(41%)という結果となりました。

【図4】嚥下(えんげ)(飲み込み)機能を専門家に確認してもらった経験

 「専門家(医療関係従事者)に嚥下機能を確認してもらったことがありますか」(n=100、SA)という質問では、「してもらったことはない」(54%)という回答が半数を占めました。
 「定期的にしてもらっている」(13%)、「してもらったことがある」(25%)と回答した嚥下機能を専門家に確認してもらったことのある方は全体の38%でした。
 また、「飲み込みに関する確認が必要だと思わない」と回答した方は6%、「わからない」と回答した方は2%でした。

リリースに関するお問合せ先
コーポレートコミュニケーション部 広報・IRグループ
03−3206−5109

UP