日清オイリオHOME >植物油辞典 >植物油のヘルシー成分 >ビタミンC
“植物のチカラ®”で、カラダにいいこと。〜植物油のヘルシー成分〜

ヘルシー成分は、いろいろ

植物油 + ビタミンC
短時間加熱で守る

 
野菜に多く含まれるビタミンCは、加熱調理をすると損失してしまいます。 野菜に多く含まれるビタミンCは、加熱調理をすると損失してしまいます。

●植物油を使った加熱調理ならば、短時間で調理できるのでビタミンCの損失が少なくてすみます。
その上、野菜のカサが減るので、野菜がたっぷり食べられます。

植物油+ビタミンC おすすめレシピ

緑野菜と鶏肉のさっぱり炒め
緑野菜と鶏肉の
さっぱり炒め
じゃが芋と牛肉のシャキシャキ炒め
じゃが芋と牛肉の
シャキシャキ炒め
トマトと卵の炒めもの
トマトと卵の炒めもの
色々野菜と豚肉の炒めもの
色々野菜と豚肉の
炒めもの
白菜と唐辛子のシンプル炒め
白菜と唐辛子の
シンプル炒め

炒める前の下準備

調味料は前もって用意しておく
炒める時はスピードが大切。次々に調味料を入れていかないと、手早く仕上がりません。味つけに必要な調味料は、あらかじめ全部揃えて手元にまとめておきましょう。
材料は同じ大きさに切る
一緒に炒めるものは、大きさを揃えて切るようにしましょう。炒めすぎや半生のまま、ということなく、全体に均等に炒めることができます。
しっかり油をなじませる
材料を入れる前に、鍋やフライパンを熱してから油を入れ、全体になじませます。この下準備をしておけば、焦げついたり油っぽくなるという失敗を防ぐことができます。(フッ素樹脂加工の器具は、から焼きはできません。)
強火で手早くが基本
低温で長く加熱していると、うまみや栄養素が流出してしまいます。また、材料の歯ごたえや色が失われてしまう原因にもなります。香ばしく口当たりよく仕上げるには、強火で手早くが原則です。
隠し技、油通しとゆでる
肉や魚介類、白身魚、かたい野菜等、油で一度揚げてから炒める「油通し」。材料を揚げることでおいしさを閉じ込める方法で、おいしい炒めものの隠し技といえます。火の通りが悪い野菜はあらかじめ軽くゆでておく方法もあります。
関連情報
橋本玲子先生のスポーツ栄養 講座&レシピ 橋本玲子先生の
スポーツ栄養
講座&レシピ
発見!ご当地「油」紀行 発見!
ご当地
「油」紀行
BOSCO 季節のお便り BOSCO
季節のお便り