日清オイリオHOME > 油に関するQ&A > 使い古した油の上手な処理方法を教えて!
油の上手な使い方
使い古した油の上手な処理方法を教えて!
使い古した油を、流しや下水道に捨てるのは絶対に禁物。
下記に紹介するような方法で捨てるか、各自治体の指導に従って処理するようにして下さい。さらに、油のついた食器類は、紙で拭いてから洗うようにし、少しでも油を下水道に流さないように心がけましょう。
捨て方1 紙パック
飲料パックなどの空箱に吸油性のよい紙をつめ、さました油を入れる。後は、粘着テープ等で口を止め、生ゴミと一緒に捨てる。
捨て方2 固める
油凝固剤などを利用して、生ゴミと一緒に捨てる。
捨て方3 吸わせる
古新聞紙や油吸収パットにさました油をしみこませ、生ゴミと一緒に捨てる。
家庭での石けんづくりは危険です
一部の自治体など、石けんづくりのリサイクル活動をしている団体もあるようです。
しかし、家庭で廃食用油を使って石けんを作ることは、強アルカリを使うので危険性があります。

日清オイリオ’s キッチン 油の捨て方を写真で見られます


↑油に関するQ&A 一覧 →油の歴史はじめてものがたり(海外編)