日清オイリオグループ行動規範

I 総則

1.趣旨および適用範囲

この行動規範は、日清オイリオグループを構成する全ての会社の役員および従業員が、経営理念に基づき、当社グループの企業としての責任・使命を認識し、活力溢れる業務遂行を行うための基本的な基準を定めたものです。

2.規範の励行

  • (1) 役員および従業員は、この規範に定める事項に則って業務を遂行します。
  • (2) 役員および管理する立場にある従業員は、担当部門の全ての従業員がこの規範に則って業務を遂行するよう指導、監督します。

II 企業価値の追求を通じた人々・社会・環境・経済への貢献

1.顧客価値の追求

  • (1) 最良の質をもって提供するよう、常に商品・サービスの質の維持・向上に努めます。
  • (2) 商品・サービスの安全性を最優先とし、そのための供給・管理体制の徹底と更なる改善に努めます。
  • (3) 商品・サービスおよびその供給・管理体制について正確で分かりやすい情報を可能な限り公開し、商品情報や活動状況の透明性の維持・向上に努めます。
  • (4) 不測の事態が生じた場合は、速やかに人身・設備・環境その他への影響の可能性を整理し、その影響を最小限とするための対策を講じます。同時に、その原因究明と根本的な再発防止対策を行い、これらに関する情報を可能な限り公開するよう努めます。
  • (5) 常にコストダウンのためのあらゆる施策を講じ、お客様に満足頂ける価格での商品・サービスの提供ができるように努めます。
  • (6) お客様の満足度を基点として、その声に、迅速かつ誠実に対応するとともに、他社に先駆けて、お客様の生活を豊かにする新たな価値を創造・提案し続けることに努めます。

2.株主価値の追求

  • (1) 誠実な事業活動、経営資源の効率的な活用、適切なリスク管理を通じて企業の利潤を追求し、株主の期待に応えます。
  • (2) 株主・投資家の適切な判断に資するよう、当社グループの活動・組織・財務状況・業績などの開示のみならず、将来の成長戦略や企業の社会的責任(CSR)に対する取り組み等の経営情報を常にタイムリーに開示するよう努めます。

3.従業員価値の追求

  • (1) 常に安心できる安全・高品質な商品、サービスをお客様に安定的に供給する使命に誇りを持ち、常にチャレンジ精神を持って、業務に関する能力の向上、積極的な業務改善・効率化に努めます。
  • (2) 従業員一人ひとりの基本的人権を尊重し、職場における不当な扱いや差別を排除します。また、自己実現と業績向上を基本とした公正な評価・処遇をすることに努めます。
  • (3) 従業員一人ひとりの個性・適性を尊重し、それぞれのキャリア形成や能力開発を積極的に支援します。また、次代の中核となる「豊かな創造性、高度な専門性、強い行動力と課題解決力」をもつ人材の育成に努めます。
  • (4) 相互の報告・連絡・相談を円滑かつ正確に行い、お互いが信頼し協力しあえる風土作りに努めます。また、常に職場環境の安全衛生の維持・向上に努めるとともに、従業員と家族の安心をつくりだすことに努めます。

4.人々・社会・環境・経済への貢献

  • (1) 社会倫理、法令、ルールの下で、顧客価値、株主価値、従業員価値の追求を通じて、人々の幸せを実現するとともに、社会、経済の発展と環境保護に貢献し続けていくよう努めます。

III 創造性・発展性ある事業への自己革新

1.ブランドコンセプトに則った活動

  • (1) 「コアプロミス」を常に意識し、商品開発、サービス、営業活動、広報活動などあらゆる角度から‘NISSHIN OilliO’のブランド価値を向上させるよう努めます。

2.絶えず探求・創造・変革に挑戦する意識

  • (1) 自己研鑽を欠かさず、日清オイリオグループの誇るべき一員として成長し続けるよう努力します。
  • (2) 常に「おいしさ・健康・美」を追求し、それに関わるいかなる情報・ビジネスチャンスも逃さないよう努めます。
  • (3) 経験や常識を盲信せず、常に広範かつ長期的な視点から、グループトータルにとって最善な行動は何かを考えて、現状を打破していくよう努めます。

3.より機動力のある組織・体制への変革

  • (1) 新たな価値を創造し、社会に供給し続けるために、積極的に組織・体制・システム・プロセスを改革し、既存商品やこれまでの事業領域の枠を超えるよう努めます。
  • (2) 常に現状の体制に満足せず、絶えず変革を図り、グループの持てるポテンシャリティを最大限に発揮し続けるよう努めます。

4.積極的なコミュニケーション活動

  • (1) 企業活動の透明性を高めるとともに、社会からの信頼を高めるために、顧客、株主、従業員、社会・環境をはじめとするあらゆるステークホルダーに対するコミュニケーション活動を積極的に行います。
  • (2) コミュニケーション活動は、企業としての社会に対する説明責任や情報公開にとどまらず、当社グループに対する社会からの要請や期待を正しくとらえ、その声を自らの活動に生かすなど、相互理解を促進するための活動となることに努めます。

IV 社会の一員としての使命感ある行動

1.法令および社会倫理の遵守

  • (1) 公私を問わず、社会の一員として、国内外の法令および法の精神を遵守し、インサイダー取引、談合、不当表示、情報漏洩、粉飾、不法就労等、法に抵触するいかなる行為も行いません。
  • (2) 各国における社会的な秩序や文化・価値観を維持・尊重し、必要な場合には法的措置を前提として、反社会的な勢力や不当な圧力に対しては、屈することなく毅然とした態度で臨みます。
  • (3) 人権を尊重し、性別、国籍、年齢、宗教、信条、身体的障がいを理由とした不当な差別、いやがらせを根絶します。また、当社グループに関わる労働・雇用においては、あらゆる形態の強制労働・児童労働を排除いたします。
  • (4) 個人情報の取得、利用、取扱い等において、当該個人情報の保護に適用される法令およびその他の規範を遵守いたします。
  • (5) 当社グループの知的財産(特許権や商標権、著作権などの知的財産権および機密情報)の保護に努めるとともに、第三者の知的財産を尊重し、それを侵害する行為を未然に防止することに努めます。

2.ビジネス社会の法令および倫理の遵守

  • (1) 原料・資材等の購入先などに対しては、常に公平かつ対等な立場で接し、優越的地位を利用して不当に不利益を及ぼしません。また、個人的な利益や便宜の供与を要求しません。
  • (2) 販売店などに対しては、常に公平かつ対等な立場で接し、排除行為・不当に差別的な取扱い・事業活動の妨害などの不正行為を行いません。
  • (3) 取引先などとの接待や贈答品の授受は、健全な商慣習や社会的常識の範疇を逸脱しません。
  • (4) 国会議員、地方公共団体の長・議員、官公庁・地方公共団体の役職員等に対し、贈賄行為・利益供与・便宜供与・贈答品の提供、その他合理的根拠のない処遇・対応を行いません。

3.社会・環境への取り組み

  • (1) 地域社会の活動、災害時の救援・協力活動への参加など、良き企業市民として果たすべき責任と役割を自覚し、広く社会に資する活動に努めます。また、一人ひとりの自主的な社会貢献活動を尊重するとともに、そのための環境整備に取り組みます。
  • (2) 国際社会の一員として、関係国の法令・国際協定・自由貿易の原則を遵守し、良好な企業活動や地域社会への積極的なコミュニケーションを通じて、関係国・地域と企業が共に発展していくよう努めます。
  • (3) 資源循環型社会の構築を目指して、「3R活動(Reduce・Reuse・Recycle)」を実践するとともに、資源・エネルギーの利用の効率化による地球温暖化対策に主体的に取り組みます。また、当社グループの環境への取り組みや考え方をあらゆるステークホルダーに幅広く理解していただくことを目的に、環境に関する自社活動情報の積極的な公開に努めます。
  • (4) 安全・高品質であると同時に、省資源、省エネルギー、リサイクル、環境への影響などに着目した「自然と環境にやさしい」商品・サービスの開発・提供に努めます。

4.不正行為に関わる迅速な情報伝達体制

  • (1) 法令および社内規程、社会倫理・通念に反する行為(または反する疑いがある行為)を発見した場合には、速やかに上司や上長へ報告・相談します。
  • (2) 何らかの理由で、通常の報告・相談を行うことが適当ではないと判断した場合には、「日清オイリオグループ企業倫理ホットライン」を利用し、速やかな報告・相談に努めます。
  • (3) 情報の提供者に対しては真摯な態度で臨み、その情報に応じた適切な是正処理を講じるとともに、情報提供を理由とする嫌がらせへの厳正な対処ならびに、情報提供者のプライバシーの完全な保護など、情報提供者の保護に努めます。

V 行動規範の徹底

1.法令および社会倫理の遵守

  • (1) あらゆる機会・場面において、行動規範ならびにその取り組み姿勢の周知・徹底に努めます。また、日清オイリオグループ株式会社企業倫理委員会を全社的な推進組織と位置づけ、、グループ会社を含めた全社的な取り組みを推進します。
  • (2) 行動規範・企業倫理に関する教育・研修の機会を継続的に提供します。また、それらへの参加は最優先のものとし、一人ひとりが積極的に参加し、行動規範の実践ならびに、それを実行できる職場環境づくりに努めます。
  • (3) それぞれの職務・役職にもとづき、行動規範・企業倫理の浸透・定着状況を定期的にチェック・評価し、さらなる改善・強化に努めます。また、日清オイリオグループ株式会社企業倫理委員会はその全体統括組織として、全社的な企業倫理体制の構築・強化を推進します。

VI 行動規範の徹底

1.この規範の制定・改廃は、日清オイリオグループ株式会社 取締役会の決議によるものとする。

2.この規範の主管部門は、日清オイリオグループ株式会社 人事・総務部とする。

以上

2002年10月 1日制定
2006年 4月 1日改訂
2007年 6月27日改訂
2013年 4月 1日改訂
2018年 6月28日改訂