サプライチェーン

「日清オイリオグループ調達基本方針」と原料調達に関する取り組みについてご紹介します。

日清オイリオグループ調達基本方針

 当社グループは、永年培ってきた植物油脂をはじめとする食に関わる技術をベースに、「おいしさ・健康・美」の追求をコアコンセプトとして、新たな価値の創造と社会への提供を通じることで、人々の幸せを実現するとともに、社会や経済の発展に貢献し続けていくことを使命と考えています。
 これからも事業活動を通じて持続可能な社会を実現・発展させていくには、当社グループのみならず、サプライチェーン全体としての取組みが重要との認識のもと、「日清オイリオグループ調達基本方針」を2018年6月に制定しました。

①コンプライアンス・公正な取引の遵守

私たちは、調達活動に関わる国内外の法令・社会倫理を遵守するとともに、お取引先さまに対しては常に公平かつ対等な立場で接することで、適正な調達活動を行います。また、個人的な利益や便益の供与を受けません。

②品質・安全本位

私たちは、安全・安心・安定供給を最優先に、サステナビリティとトレーサビリティの視点を加味した高い品質が確保された物品・サービス等を調達いたします。

③人権の尊重

私たちは、国際的な人権、労働環境、労働安全衛生に関する基準や考え方を尊重し、調達する物品・サービス等のサプライチェーンにおける強制労働、児童労働、差別、いやがらせ等の人権侵害行為を排除・根絶することに努めます。

④環境への配慮

私たちは、調達活動に関わる環境関連の法令および自社基準を遵守するとともに、調達する物品・サービス等の選定や購入の際には環境負荷の軽減・資源保護に努めます。

⑤秘密情報・個人情報の保護

私たちは、調達活動において知り得た秘密情報、個人情報については、その重要性を十分に理解したうえで、法令や自社基準に従い、適切に利用、管理、保護いたします。

⑥パートナー関係の強化

私たちは、お取引先さまとの相互理解に基づく信頼関係を構築し、これを維持・強化することに努めるとともに、共に成長し続けていくことを目指します。

※この調達方針は日清オイリオグループ(株)ならびにグループ会社における全ての原材料・サービス等を対象とします。

パーム油調達方針

パーム油調達方針

日清オイリオグループはこれまでもお客様のニーズに基づいて持続可能なパーム油を提供することに継続的に取り組んできました。今後もこの取り組みを継続していくことに加えて、サプライチェーンにおける調査を進め、持続可能性に配慮したサプライヤーとの取引を拡大し、2020年を目標年として持続可能性に配慮したパーム油調達体制とすることを目指します。

また、下記の森林破壊ゼロ、泥炭地における新規開発ゼロ、先住民、労働者への搾取ゼロ(NDPE:No Deforestation, No Peat, No Exploitation)へのコミットメントを遵守する、トレーサブルで透明性のあるパーム油サプライチェーン構築に向けて取り組みます。

  • ・高炭素貯蔵(High carbon stock:HCS)林の伐採を行わず、保護価値の高い(High conservation value:HCV)地域に新たに植林をしない。
  • ・泥炭地の新たな開発は深さに関係なく行わず、泥炭土壌にある既存のパーム農園についてはBest Management Practices(BMPs)での使用を推進する。
  • ・播種や植え替えのための整地には火を使用せず、整地で発生した廃棄物の焼却も行わない。
  • ・既存の事業における温室効果ガスの排出を確認し削減する。
  • ・先住民族および地域社会の権利を搾取することはせず、彼らが法を適用し、地域社会または慣習上の権利を有する土地の運営において、自由意志に基づき事前の十分な情報を与えられた上での合意(Free, Prior, Informed Consent:FPIC)の原則を尊重する。
  • ・性的指向、性別、宗教、人種、障害、年齢、政治、婚姻状況、または国籍に基づく差別は行わない。
  • ・従業員の結社の自由と団体交渉権に関し、各国での法規制を遵守する。
  • ・あらゆる形態の違法、強制、拘束、児童労働を排除する。
  • ・移住労働者、契約労働者、派遣労働者を含む全ての労働者の責任ある採用活動を実施する。
  • ・ゆすりや贈収賄を含む汚職を防止し禁止する。
  • ・事業活動を行うそれぞれの国や地域で適用される法令を遵守する。なお、人権に関しては国際的に認められた人権と各国や地域の法令の間に矛盾がある場合は、国際的な人権の原則を尊重する方法を追求する。

トレーサビリティ 私たちは、川上のサプライヤーにNDPEを確実に遵守させるために、取引するサプライヤーと連携し、搾油工場および農園を特定するトレーサビリティによりサプライチェーンを確立します。この取り組みにおいて、小規模農園がサプライチェーンに参画する機会を提案します。

透明性と報告 私たちは、パーム油のサプライチェーンにおける国内外のステークホルダーとの継続的な取り組みを通して、持続可能方針の実行と進捗状況を定期的に報告します。

苦情処理手続き 私たちは、すべてのステークホルダーに対してパーム油サプライチェーンに関する苦情申し立てを提出できるように苦情対応手順を確立します。この手順には、サプライチェーン内の苦情の報告、苦情解決に関する行動計画、苦情に関する最新情報についてステークホルダーとコミュニケーションを取るという内容が含まれます。

※目標は社会・環境の変化や新たな知見等に応じて改訂することがあります。