研 究

[製品開発-ファインケミカル]新しい構造の化粧品素材の
開発と製造プロセスの改善を
実現する

吉岡 快Kai Yoshioka

ファインケミカル事業部 テクニカルセンター 製品開発課
2018年入社
生命環境科学研究科 応用生命科学専攻修了

私のこだわり高機能素材の開発と
製造の効率化を目指す

当社の食用油や化粧品原料は、老若男女問わず、生活に欠かせないものだと思います。自分が携わった製品を多くの人に使って頂けたら嬉しいだろうな、と考えたことが日清オイリオへの入社の決め手でした。当社を「食用油の会社」と認識している方は多いと思いますが、幅広く事業展開している点に魅力を感じました。私が所属するファインケミカル事業部では、油脂を用いた高機能素材を開発し、化粧品や食品、医薬品、工業品といった幅広い分野にお届けしています。その中で、私の仕事は化粧品原料の新製品を開発することや、製造の効率化を実現することです。仕事を進める上で大切にしていることは、物事を様々な視点から捉えることです。一つの方法を深掘りして細部を詰めていくことも重要ですが、より簡単で効果の高い方法があるのに、見落としてしまうと勿体ないと感じています。よって、仕事に取り掛かる際には、まず幅広い視点で課題解決策をリストアップし、分類分け/優先順位付けを行うようにしています。

成長を感じた瞬間積み重ねた知識や経験を
上手くアウトプットし、課題を解決

業務を通じて得た知識や経験を積み重ね、次に活かすことの大切さを実感しています。メーカーとして、新製品を開発することも大切ですが、品質の高い製品を安定的に製造し、お客様のもとへお届けすることも非常に重要です。入社2年目に、製品の製造ラインを変更する仕事を担当しましたが、テスト段階において、製造ラインの変更前後で品質が変わってしまうという課題に直面しました。入社してすぐの自分では、原因が分からない状態になっていたと思いますが、入社以来、現場に入り込みながらリアルタイムで製造や設備に関する技術を学んできた経験が活き、「ちょっとした製造条件の違い」が原因ではないかと予想できました。その予想が的中し、発生した課題をうまくクリアすることができました。このように、積み重ねた知識や経験を自分の仕事に上手くアウトプットして成功に繋げることができた時が成長を感じる瞬間です。また、技術者として、自分の予想が的中した時には大きなやりがいを感じられます。

成し遂げたいこと革新的な化粧品素材を開発したい。
そして幅広く活躍できる人材へ成長する

昨今、化粧水などのスキンケア製品の需要が増加するなど、化粧品の消費者志向やトレンドは日々変化しています。今後、新しい機能を持つ革新的な化粧品が求められるようになると考えており、そういった化粧品の製品化を実現できる化粧品原料をいち早く開発していきたいです。当社は化粧品原料をグローバルに展開していますので、開発した高機能素材で国内外の化粧品の発展に貢献できることは、大きなやりがいです。現在担当している新製品の開発や製造プロセスの改良は「研究」的な側面が強いですが、将来的にはファインケミカル領域の「製造」や「営業」の業務も経験したいと考えています。例えば「製造」の業務では、原料や製造に関する設備、作業方法の知見を得られ、「営業」の業務では顧客のニーズや業界全体のトレンド、交渉力などを得られると思います。このような経験を積み重ねることで、幅広い視野を持ちオールマイティに活躍できる人材に成長したいですね。活躍の場を広げ、会社に、そして社会に貢献していきたいです。

[プロフィール]

中学から大学までバスケットボールに熱中。チームの雰囲気を明るくするムードメーカー的な存在としてチームに貢献。会社へ入社後も、コミュニケーションを円滑に行える関係性を大切にしている。

[オフタイム]

春~夏は山登り、秋~冬はキャンプをする等、アウトドアを楽しむ。学生時代から自然が好きで、社会人になってからも休日にアウトドアを楽しみ、リフレッシュしている。

[吉岡 快のある一日]

9:00

出社、メールチェック・実験装置の立ち上げ

9:30

評価用サンプルの試作実験開始

問題なく化学反応が進行しているか、観察と分析を行う。
11:00

文献/特許調査

試作実験の挙動を観察しつつ、製品開発のアイデアを得るための調査を行う。
12:00~
13:00

昼休み

デスクにて部署の人たちと昼食。
13:00~

前回実験で作ったサンプルの分析/評価

改善点を洗い出し、次の実験の計画を立案する。試作実験も継続。
15:00

現場責任者、オペレーターと打ち合わせ

製造現場に向かい、担当している製品が問題無く製造出来ているか確認。
17:00

試作実験を終了、翌日の実験準備

実験で使用した器具や試薬を片付け、翌日の実験の準備を行う。
17:30

退社

研究の仕事を知る