マグロとアボカドのカッテージチーズ丼

持久性のトレーニングを行った後は、消耗したグリコーゲンの材料となる「ご飯」がしっかりとれる丼ものが好まれます。定番の親子丼の他に、さっぱりとした刺身を使った丼は、「疲れているけど、しっかり食べたい」時にピッタリなんです。

調理時間10分

エネルギー(1人分)616kcal

塩分(1人分)2.7g

材料 (4人分)

  • マグロ(刺身用) 1さく2枚
  • アボカド 2個
  • カッテージチーズ 220g
  • しょうゆ 大さじ2
  • ゆずこしょう 小さじ1・1/2
  • ご飯 茶碗4杯(800g)
  • 刻みのり 適宜
  • 日清アマニ油 お好みの量
  • しょうゆ 適宜

作り方

  • マグロは角切りにして、柚子こしょうをしょうゆで溶いたものと和える。
  • アボカドは種を取り皮をむき、角切りにする。
  • ボウルで1、2、カッテージチーズを和える。
  • ご飯を丼に盛り刻みのりを散らし3を盛り、日清アマニ油をかけ、好みでしょうゆをかけいただく。

■ひとことコメント

おすすめシーン:コンディション維持/ビタミンE:3.4mg

ポイント

良質のたんぱく質を含むマグロとカッテージチーズに、「最も栄養価の高い果実」と言われるアボカドを組み合わせた栄養リッチな一品。血液の流れを良くするビタミンEも豊富に含まれ、冬場の冷え症対策におすすめです。