鯖のみぞれ煮

遠藤選手のお気に入り食材の「サバ」を使ったごま油の香ばしい香りが食欲をそそるみぞれ煮。 サバには、良質の脂質(EPA、DHA)が多く含まれています。
EPAは、血液サラサラをキープし、酸素や栄養を身体の隅々まで運んでくれます。そのため、バテにくく、プレー中の酸素摂取が効率的になって持久力アップが期待できます。 また、ビタミンB群やビタミンDも豊富に含まれています。
特に、カルシウムの吸収をサポートすると言われるビタミンDは、骨や歯の健康的な発育に欠かせない栄養です。

エネルギー(1人分)368kcal

食塩相当量(1人分)2.2g

材料 (4人分)

  • サバ(切り身)    4枚(400g)
  • 塩 少々
  • 大根おろし 1/2本分
  • かつおだし 420ml
  • 薄口しょうゆ 70ml
  • みりん 70ml
  • まいたけ 1パック
  • インゲン 4本
  • しょうが(しぼり汁) 小さじ2
  • 日清ヘルシーごま香油 大さじ1
  • 日清かけて香る純正ごま油 大さじ1

作り方

  • 鯖は1枚を3等分して、軽く塩を振って20分おく
  • 1の鯖から出てきた余分な水分をペーパーなどで拭き取る
  • フライパンにごま油を中火で熱し、2の鯖を身から焼いて両面を香ばしく焼く
  • 焼いた鯖を取り出し、カツオだし、薄口しょうゆ、みりんを入れた沸かし、水気を切った大根おろしを加え一煮立ちさせてから、小房に分けた舞茸と鯖を入れて一煮立ちさせる
  • 器に鯖と煮汁、舞茸を盛り付け、茹でてから半分にカットしたインゲンを添え生姜の絞り汁をまわしかける
  • お好みでごま油をかけていただく

ポイント

~食堂のシェフから~ 焼く前に塩を振り、出てきた水分をふき取ることで、サバの生臭さが取れ旨味が増します。 またごま油で焼くことで、香ばしい香りもプラスされます。一度焼いているので、さっと一煮立ちさせるくらいで煮るとふっくらと仕上がります。