牛肉のフォー風うどん

遠藤選手が疲労回復時に積極的に食べる牛肉のフォー風うどん。
牛肉には、良質なたんぱく質、脂質に恵まれ、ビタミンB1、B2、B12、そして、鉄や亜鉛、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。特に、鉄分をしっかりとることができれば、貧血や疲労倦怠感の改善に効果があります。
うどんに含まれている糖質や、ライムをプラスすることで、疲労回復に重要な栄養素をゲットできるのが魅力的です。お好みで、オメガ3が摂れるアマニ油をかけて。

エネルギー(1人分)404kcal

塩分(1人分)2.9g

材料 (4人分)

  • うどん 4玉
  • 牛ロース薄切り肉 300g
  • 豆もやし  100g
  • パクチー  2株
  • ~A~
  • 水  1600ml
  • 塩、こしょう  各少々
  • 鶏ガラスープの素(顆粒)  大さじ3
  • ナンプラー  大さじ1と1/3
  • レモン汁  大さじ1と1/3
  • ライム  1/2個
  • 日清アマニ油  お好みの量

作り方

  • 牛ロースはさっとゆでてから氷水にとり、冷やし水気を切る。
  • 豆もやしはゆでる。 パクチーは食べやすい大きさに切る。
  • 鍋にAの材料を入れ沸かし、ゆでたうどん(または冷凍うどん)を入れ一煮立ちさせる。
  • 器に③のうどんを汁と共に盛り付け、①と②を盛り付けライムのくし切りを添える。お好みで日清アマニ油をかけて頂く。

ポイント

~食堂のシェフから~ 牛肉はゆで過ぎると固くなってしまうのでサッとゆでて、冷やしておきましょう。パクチーが苦手な方は、水菜や長ねぎなどに変えてもおいしくいただけます。