豚しょうが焼き

畠中選手のお気に入り野菜の「玉ねぎ」を使った豚のしょうが焼きは、玉ねぎに含まれるアリシンが、豚肉に豊富なビタミンB1と結合することで、疲労回復に役立ちます。また、オリゴ糖は、善玉菌のエサとなるため腸内環境を整えてくれ、抗酸化作用のあるケルセチンは、カラダが酸化しがちなアスリートにはぴったり。特にシーズン中には、色々な料理に使って、積極的に食べたい野菜です。

調理時間25分

エネルギー(1人分)348kcal

食塩相当量(1人分)1.5g

材料 (2人分)

  • 豚小間 200g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ヘルシーリセッタ 大さじ1
  • ~A~
  •  しょうが(おろし) 小さじ1
  •  しょうゆ 大さじ1
  •  酒 大さじ1
  •  砂糖 大さじ1
  • キャベツ(せん切り) 4枚分
  • ミニトマト 2個
  • レモン(うす切り) 2切れ

作り方

  • 玉ねぎはくし切りにする。
  • フライパンを火にかけ、ヘルシーリセッタをしいて、①を炒め、透明になる手前で豚肉を加えて焼く。
  • 合わせたAを回しかけ、全体に味が回る様に炒める。
  • キャベツのせん切りを盛りつけた上に③を盛り付け、半分に切ったミニトマトとレモンを添える。

ポイント

~食堂のシェフから~ 豚肉は玉ねぎが透明になる手前くらいで入れて、肉に火が通ったら、調味料を入れ、汁気がなくなる位まで絡めて照りが出てくると、更においしくなります。