豚キムチビビンパ

遠藤選手のお気に入り料理「豚キムチビビンパ」。丼は、ご飯=炭水化物、具=たんぱく質、脂質を摂ることができる料理ですが、野菜が不足するという欠点があります。そこで、ナムルをプラスするとビタミン、ミネラル、食物繊維を十分に摂取することができます。また、キムチには乳酸菌が豊富に含まれるため、腸内環境を整える作用があり、免疫力アップが期待できます。

調理時間30分

エネルギー(1人分)754kcal

食塩相当量(1人分)6.2g

材料 (2人分)

  • 豚小間 200g
  • キムチ 100g
  • ~A~
  •  酒 小さじ2
  •  しょうゆ 小さじ2
  •  砂糖 小さじ1
  • ヘルシーリセッタ 大さじ1
  • 日清香りひき立つ純正ごま油 少々
  • ~ナムルA~
  •  もやし 60g
  •  塩 小さじ1/2
  •  日清香りひき立つ純正ごま油 少々
  • ~ナムルB~
  •  ほうれん草 60g
  •  塩 小さじ1/2
  •  日清香りひき立つ純正ごま油 少々
  • ~ナムルC~
  •  にんじん(せん切り) 60g
  •  塩 小さじ1/2
  •  日清香りひき立つ純正ごま油 少々
  • ごはん 400g
  • いりごま 少々
  • コチュジャン 適宜

作り方

  • ナムルを作る。もやし、ほうれん草、にんじんをそれぞれゆで、それぞれ水けをしぼる。ほうれん草は一口大に切る。それぞれの野菜を塩と日清香りひき立つ純正ごま油で和える。
  • フライパンにヘルシーリセッタを熱し、豚小間を炒め、合わせたAを回しかけ、キムチと日清香りひき立つ純正ごま油(少々)を入れてさっとからめる。
  • 丼にご飯を盛り、①と②を盛りあわせ、いりごまを振って、好みでコチュジャンを添える。

ポイント

~食堂のシェフから~ 炒めた豚肉に合わせた調味料を入れた際に、キムチを一緒に入れてさっと炒めるのがコツです。コチュジャンでお好みの辛さに仕上げ、お召し上がりください。