タンドリーチキン

子どもから大人まで人気のカレー風味。スパイスの香りがすると、食欲がわいてきます。タンドリーチキンに欠かせないカレー粉は、複数のスパイスを調合して作られているので便利です。調合されているターメリックは、食欲を促進してくれるだけでなく、筋肉回復を早め、運動パフォーマンスの向上が期待できます。 

材料 (4人分)

  • 鶏もも肉             400g
  • ~A~
  •  カレー粉           大さじ2
  •  プレーンヨーグルト      40g
  •  トマトケチャップ       大さじ1・1/2
  •  塩              小さじ1
  •  しょうが(おろし)      小さじ1
  •  にんにく(おろし)      小さじ1
  • サニーレタス           4枚
  • レモン(くし切り)        4切れ
  • BOSOCOエキストラバージンオリーブオイル 大さじ2

作り方

  • 鶏もも肉は皮目を下にし、厚さが均等になるように観音開きにしてから一口大に切る。
  • Aの材料をよく混ぜ合わせ1の鶏肉と一緒にビニール袋に入れ、よくもみ込み、冷蔵庫で半日以上漬け込む。
  • フライパンにBOSCOエキストラバージンオリーブオイル熱し、2の鶏肉を皮目から中火で焼く。
  • 焼き色が付いたら裏返し、弱火で4~5分焼いて火を通す。
  • 器にサニーレタスを敷き、焼きあがった鶏肉を盛り付け、レモンを添える。

■ひとことコメント

~食堂のシェフから~カレー粉入りヨーグルトにしっかりと漬け込むことで、肉が柔らかく、カレー風味がしっかりとついたチキンに仕上がるので、半日以上は漬け込むことがポイントです。(調理時間に漬け込み時間は含まず)