PART.1 大公開! 植物油ができるまで①

ひとくちに植物油と言っても、原料はこんなにたくさんあるんです!

世界中にある自然のめぐみ、植物を原料にした油。ご自宅の食卓に並ぶ植物油は、どの国の出身なのでしょうか。
それぞれの特徴も知れば、より近い存在になることでしょう。

産地の世界地図

大豆

Soybean

大豆

油分:16~22%
大豆油は日本の食用油の中で大変ポピュラー。油粕は飼料や醸造用に。また食品用大豆は豆腐、味噌、納豆などに。

主要生産国:アメリカ、ブラジル

大豆の主要生産国

キャノーラ【菜種】

Canola(Rapeseed)

キャノーラ

油分:38~45%
菜の花の種子からとったキャノーラ油はドレッシングから炒め物、揚げ物まで幅広く使われ、マーガリンやショートニングの材料にも。また菜種粕は肥料、飼料に。

主要生産国:カナダ、オーストラリア

キャノーラの主要生産国

べに花【サフラワー】

Safflower seed

べに花

油分:25~40%
べに花の種子から油をとる。オレイン酸が多い種類と、リノール酸が多い種類がある。

主要生産国:アメリカ、メキシコ

べに花の主要生産国

胡麻

Sesame seed

胡麻

油分:45~55%
焙煎して香ばしい風味を引き出してから油をしぼる。ごまリグナンなど抗酸化作用のある成分を含む。

主要生産国:ナイジェリア、タンザニア

胡麻の主要生産国

アマニ【フラックス】

Flaxseed (Linseed)

アマニ

油分:28~44%
アマ科の一年草で、アマの種子から油をとる。油は食用の他、インキ、塗料などの原料に、油粕は飼料にも使われる。茎からは繊維をとる。

主要生産国:カザフスタン、ロシア、カナダ、アメリカ

アマニの主要生産国

コーン【とうもろこし】

Corn

コーン

油分:40~55%
とうもろこしの胚芽から油をとる。香ばしい風味が特長。揚げ物に適した食用油。

主要生産国:アメリカ

コーンの主要生産国

オリーブ

Olive

オリーブ

油分:15~35%
地中海沿岸を代表する樹木でオリーブ果実から油をとる。特有の香りが特長。食用の他、化粧品や薬用にも。

主要生産国:イタリア、スペイン、チリ

オリーブの主要生産国

こめ

Rice

こめ

油分:12~21%
米ぬかから油をとる。風味豊かなおいしさが特長。揚げ物やマヨネーズの他、製菓用にも。

主要生産国:日本、タイ、ベトナム、ブラジル

大豆の主要生産国

綿実

Cotton seed

綿実

油分:15~25%
ワタを取った後の綿花の種子の核から油をとる。うまみが特長。食用油の他、マーガリンやマヨネーズの原料にも。

主要生産国:アメリカ、オーストラリア

綿実の主要生産国

ヤシ【ココナッツ】

Coconut

ヤシ

油分:65~75%
ヤシの果実(ココナッツ)を乾燥したコブラから油をとる。マーガリンやショートニング、製菓用油脂の他、シャンプーの原料にも使われる。

主要生産国:フィリピン、インドネシア

ヤシの主要生産国

ひまわり

Sunflower seed

ひまわり

油分:28~47%
ひまわりの種子から油をとる。クセのない淡白な風味が特長。食用油の他、ショートニングにも。

主要生産国:フランス、スペイン、アルゼンチン

ひまわりの主要生産国

パーム

Palm

パーム

油分:44~53%
ヤシ科の常緑高木であるパームヤシの果肉から油をとる。フライなどの加熱調理用やマーガリン、ショートニング、チョコレート用油脂に。

主要生産国:マレーシア、インドネシア

パームの主要生産国

グレープシード【ぶどう】

Grape seed

グレープシード

油分:7~21%
ぶどうの種子から油をとる。淡黄・淡緑色が特徴。リノール酸を多く含む。

主要生産国:フランス

グレープシードの主要生産国

荏胡麻

Perilla seed

荏胡麻

油分:35~45%
しそ科の一年草で、荏胡麻の種子から油をとる。種子の外皮の色は、白の他に黒がある。
「じゅうねん」などの呼び名がある。
「胡麻」とは異なる。

主要生産国:中国

荏胡麻の主要生産国

マカダミアナッツ

Macadamia nuts

マカダミアナッツ

油分:70~80%
亜熱帯性常緑樹の果実で、固い殻の中の実から油をとる。香ばしい風味が特長。食用の他化粧品にも。

主要生産国:オーストラリア

マカダミアナッツの主要生産国