ビジョン2030

当社グループでは、将来にわたって持続的に成長し、持続可能な社会の実現に貢献するため、長期的な視点で「2030年に目指す姿」と「戦略の指針」を示すことを目的に「日清オイリオグループ ビジョン2030」を策定しました。

共有価値を生み出す「6つの重点領域」

今後予測される機会とリスク及社会課題から、6つの重点領域を設定。
「重点領域」における課題解決を通じた社会との共有価値の創造(CSV)を成長のドライバーとする。

各重点領域におけるCSV目標

重点領域 CSV目標
目標 2030年度目標値
すべての人の健康 多様なライフステージにおいて健康とエネルギーを生むヘルスサイエンス商品の伸長率(2019年度比) 200%
脂質栄養の知見を活かした健康課題の改善につながる商品を開発します。
脂質の健康情報についての提供人数(2021年度からの累計) 累計1億人
おいしさ、美のある豊かな生活 食卓に「おいしさ」を提供し、豊かな生活に貢献するブランドを磨き上げます
食での「おいしさ」や「美」を追求する商品を創出します
美を表現する商品の伸長率(2019年度比) 200%
地球環境 Scope1,2におけるCO2排出量削減(2016年度比) 31%
Scope3におけるCO2排出量削減 2021年度公開予定
プラスチック容器・包装の削減および資源循環を推進します
植物資源を活用した、環境にポジティブインパクトを与える商品・サービスを開発します
食のバリューチェーンへの貢献 国内における食エネルギーの安定供給(国内の総エネルギーに占める割合) 6%以上
グループのユーザーサポート件数増加率(2019年度比) 150%
信頼でつながるサプライチェーン パーム油認証油の割合 100%
RSPOのSG認証油の割合 50%
農園までのトレーサビリティ把握 100%
大豆の持続可能性を高める取り組みを推進します
持続可能なカカオを調達します
共同輸配送のカバー率 50%
人材マネジメント 従業員の「働きがい」を感じる割合 80%
女性管理職比率 20%