信頼でつながるサプライチェーン

05信頼でつながるサプライチェーン

誠実さを大切に、強く、しなやかなサプライチェーンを構築します

日本の食を支える、重要な素材・エネルギーの供給者として、持続可能な方法で生産された原料を用い、お客さまに お届けするまでの品質に常に真摯に向き合うことで、将来にわたって安定したサプライチェーンの構築に努めます。 また、安全な製品の供給と透明性が高いコミュニケーションを通じてお客さま・社会との信頼関係を構築します。

共有価値

  • 環境と人権に配慮した調達を実施する
  • 世界的に油脂需要が拡大する中で、ネットワークを活用した安定的な調達を実施する
  • 社会全体のインフラである物流の持続可能性の取り組みを続ける
  • 油脂メーカーの責任として、安全で安心な製品をお届けする

2030年度までのCSV目標(主要KPI)

人権尊重を基盤とした事業活動の展開・深化

100%

農園までのトレーサビリティ比率向上
(パーム油)

持続可能な大豆の調達推進

持続可能なカカオの調達

50%

共同輸配送のカバー率向上

持続可能なパーム油の調達

パーム油については、森林破壊ゼロ、泥炭地における新規開発ゼロ、先住民、労働者への搾取ゼロへのコミットメントを遵守する、トレーサブルで透明性のあるパーム油サプライチェーン構築に向け、アクションプランを策定し取組みを進めています。今後の取り組みの実効性を更に高めるため、農園までのトレーサビリティ比率の向上、モニタリングの仕組みの構築等に積極的に取り組んでいきます。(アクションプランの指標:パーム油認証油割合100%、RSPOのSG認証油50%以上の確保)

社会環境・社会課題

  • 世界的な人口増加による、水・食糧不足
  • 原料生産地域における環境問題や人権問題の深刻化
  • 日本における人手不足を発端とした物流業界の諸課題
  • 品質への要求水準の高まり

当社グループへの影響 ▲:リスク ●:機会

  • ▲世界的な穀物の需要増により、原材料のコスト上昇や安定調達に支障が出る
  • ▲原料産地の環境問題/人権問題の深刻化により、産地への関与が必須となる。また、持続可能性に欠けた原料を扱うことにより、レピュテーションリスクが高まる
  • ▲物流業界が抱える諸問題の深刻化により、物流コストが上昇する。また、これまで通りの物流体制の維持が困難となる
  • ●安全性に対する要求水準の高まりにより管理すべき品質項目が増え、高度な分析技術が求められる

課題解決に向けた具体的取り組み

取り組みの方針

「日清オイリオグループ調達基本方針」を全体方針とし、さらに各原料ごとの調達方針を定めています。

取り組みの方針

具体的な取り組み

  • パーム油調達において、サプライヤーとの対話を含めた取り組みを進め、持続可能性を向上させる
  • 持続可能な調達の取り組みを大豆・カカオ等にも拡大する
  • 菜種、オリーブ、アマニなどに関する生産地への関与を強め、安定調達に向け関係強化を続ける
  • 国内の原料生産地と一体となって、地域産業を振興する
  • 人手不足や厳しい労働環境など課題の解決により持続可能な物流体制を構築する
  • 微量成分のコントロールなど、競争力につながる高品質な製品を供給できる独自技術を開発する